未刊童謡みかんどうよう
雁が来た、雁が来た、田甫の上に雁が来た 澄み渡つた夕暮れの 空に、鳴き鳴き、雁が来た 親の雁は 下を見い見い飛んでゆく 子の雁も 下を見い見い飛んでゆく 親の雁は 先へ先へと飛んでゆく 子の雁も 皆な続いて飛んで行く 親の雁が 首を伸して鳴 …
作品に特徴的な語句
あめ くきの むかふ つぱい ちや しよ かんか わんわ あんよ ちさ とつと フクロ タコ 褐色ちやいろ かはず いえ 桔梗ききよう めめ めめ 読本トクホン つか いさをし ニヤニヤ ととこ 握飯にぎり にぎは じん 船頭せんど いさを まま にやあにや 天上てんじよ きふ いち てて 握飯おにぎり 己等おら ぼく じやく ふくろふ 横町よこちよう やつこ アブク もとゐ 鶏舎とりや 可愛かはい ちやう 途端はづみ 繁昌はんじよう 三歳みつつ かね のり くれない うしろ 門田かどだ くれ 今日けふ くつ 真白まつしろ 菖蒲しやうぶ すぐ 八歳やつつ みん つの かはづ くち 因幡イナバ 国境くにざかひ 蝶々てふてふ 外浜そとはま しづか がら かい 天道てんと 田甫タンボ 胸掛あぶらやさん はね おほ 萬歳まんざい 蝙蝠かうもり つまづ 胡瓜きうり 満洲まんしう 藪鶯やぶうぐひす 柄杓ひしやく 藤袴ふぢばかま 河童かつぱ をさ