“部屋頭”の読み方と例文
読み方割合
へやがしら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、申出ました部屋頭第一番。いづれも當御邸御家風で、おとなしい、實體なものばかり、一人異存はござりません。
片しぐれ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
折助の上には役割小頭部屋頭というようなものがあって、それは折助の出入りをり、兼ねてその博奕のテラと折助の頭をねるが、これらは多少、親分肌の気合を持っている。
大菩薩峠:08 白根山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
に、あゝ、とかの端本か、と部屋頭じてりますから、から引出しましたのでは先刻承知とやらでござりませう。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)