“女部屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ヲンナベヤ60.0%
おんなべや20.0%
をんなべや20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
物語りする刀自たちの話でなく、若人らの言ふことは、時たま、世の中の瑞々しい消息を傳へて來た。奈良の家の女部屋は、裏方五つを通した、廣いものであつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
「仲居というのは娼家下婢にあたるものですかな」「まだよく研究はして見ませんが仲居は茶屋の下女で、遣手というのが女部屋助役見たようなものだろうと思います」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この国の女に生れて、一足も女部屋を出ないことを美徳として時代に居る身は、親の里も祖先の土も、まだ踏みも知らない。あの陽炎の立つてゐる平原を、此足で隅から隅まで歩いて見たい。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)