“役割”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やくわり75.0%
ファンクション25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“役割”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
役割やくわり、今日は一蓮寺のお開帳に行ってみようじゃござんせんか」
「これにはぼくの役割やくわりがないが、ぼくはどうなるのか」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
と同時に、ある集団生活を知るためには、どうしてもいくぶん密偵的なこころもちでそこへ這入り込んで、現実に何かの役割ファンクションを持たなければ駄目だ。