“役目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やくめ95.8%
ファンクション4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『もつとうおりなさい。それで檢死役目みますか。』とひ/\、玄竹つた死體に、幾度もひつくりかへした。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
さう、ロチスターさんは、話をする役目をひどく喜んでゐる、人の心をとろかすやうな唇に耳を傾けて、そのときまで、坐つてゐられた。
銀行の小使としての社会的地位とその役目を知る事において「紳士」であり、犬は、犬としての社会的地位とその役目を知る知らないによって「紳士」もしくは「淑女」の犬か