片しぐれかたしぐれ
今も恁う云ふのがある。 安政の頃本所南割下水に住んで、祿高千石を領した大御番役、服部式部の邸へ、同じ本所林町家主惣兵衞店、傳平の請人で、中間に住込んだ、上州瓜井戸うまれの千助と云ふ、年二十二三の兄で、色の生白いのがあつた。 小利口にきび/\ …
作品に特徴的な語句
せなあ ぢゞい ならはし うへ たい 向後これから 一寸ちよいと 上下じやうげ やはら 引掛ひつかゝ をつと まへ たぐ 申出まをしで ことば ねらひ まこと いへ ねがひ ごく をんな さふらふ 間違まちがひ はう わざ うけたまは おもひ とほ たしなみ うづくま 小遣こづかひ 一通ひととほ ゆる 饒舌しやべ 中間ちうげん 白魚しらうを なまめ たぐひ きたな 相成あひな 人目にんめ 庭前にはさき りやう これ いはひ 祝儀しうぎ なに 使つかひ さかづき ほん 引込ひつこ あらた 先刻せんこく こゝろ 心掛こゝろが それ ゆふ 酒宴しゆえん をし なぞら おこ こゝろざ 莞爾につこり 勞力ほね せは つゞき 罷出まかりいで をし はづ いそ 蹴躓けつまづ もつと 庄屋しやうや きつ 川柳せんりう 師走しはす 襦袢じゆばん には 庭前ていぜん 引出ひきだ 薄汚うすよご 御酒ごしゆ 心掛こゝろがけ 心状しんじやう いそが みづ 深窓しんさう 皮切かはきり 目上めうへ 直接ぢか 毎年まいとし つむ わたし