“部屋様”の読み方と例文
読み方割合
へやさま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御家老の清水さんの奥さんのお藤さんといいますのは、大きくなってから聞いたのですが、もと殿様のお部屋様でした。藩主は早く夫人が亡くなられて、お子様もなくてお独りでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
部屋様くずれ
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)