“部屋子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へやこ50.0%
へやご50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五百は姉小路という奥女中の部屋子であったという。姉小路というからには、上臈であっただろう。らば長局の南一のに、五百はいたはずである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
鳥羽は亀千代のであるが、使いに来たのは、鳥羽の使っている部屋子の少女で、「非常にいそぐから」と云い、手紙を置くと、すぐに帰ろうとした。