“童子部屋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ボーイべや100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童子部屋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この時いずこともなく遠雷のとどろくごとき音す、人々顔と顔見合わすひまもなく俄然がぜんとして家振るい、童子部屋ボーイべやの方にて積み重ねしさらの類の床に落ちし響きすさまじく聞こえぬ。
おとずれ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)