“童子騎牛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
どうじきぎゅう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“童子騎牛”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 工芸 > 工芸8.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
粉板ふんばん童子騎牛どうじきぎゅうの図。朝鮮李朝代の作。縦一尺五寸五分、横巾三尺五分。著者蔵(現在、日本民藝館蔵)。
工芸の道 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)