赤い旗あかいはた
貧しい子供たちよ。 おぢさんは、みんなが大へん可愛い。この本は君たちに讀んでもらひ、歌つてもらうために書いたのだ。金持の子供なんか讀まなくたつていい。 おぢさんは君たちのお父さんやお母さんと同じやうに貧乏だ。そして君たちのやうな元氣な可愛い …
作品に特徴的な語句
わーた 畜生ちくせう あアか あつた うへ 怒鳴どうな 居眠ゐねむり たい わさ まへ おほ だま あつま ぢい なく 水田みづた はう さゝ 坊主ぼうづ ちひ いへ をんな 大勢たいぜい いつ きい あが 頬張ほうば 今日けふ をど なに 貧乏びんぼふ まづ つの かはづ 甲羅かうら びき 去年きよねん しイぶ ほん てき をし ゆび こぶ おが まは 小雀こすゞめ にはとり あたま あを すゞめ ひら くさり せん 鈴虫すゞむし 金持かねもち 野狐のぎつね 邪魔じやま おく すゝ 赤毛あかけ 見捨みすて あを おと 茶釜ちやがま くる はら みゝ こめ とう 笛吹ふえふ 童謠うた 汽車きしや だる ふくろ 木蔭かげ あか 教室けうしつ 提灯ちやうちん ふる ひだり 小旗こはた 小便せうべん まも 大急おほいそ 因幡ゐなば