“見捨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みす72.5%
みすて27.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すみなれたや、や、や、野原見捨て、らぬ他国ることは、これらの小鳥にとっても、冒険にちがいなかったからです。
ふるさと (新字新仮名) / 小川未明(著)
来たら留めて置いてくれとのはがきに接した時、いさゝか不審に思いは思いながら、まさか彼が見捨てようとは思わなかった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
見捨たと云があるゆゑ道具衣類は云までもなく百兩の持參金はとても返す氣遣ひなしと思ふゆゑをしてもぬが何分離縁状
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ああるか、しからば余の失敗せしは必しも余の罪にあらず、また神の余を見捨賜いし証拠にあらず、また余の奮励祈祷の無益なるを示すにあらざるなり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)