“紅梅萌黄”の読み方と例文
読み方割合
こうばいもえぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
らにある衣桁には、紅梅萌黄三衣を打懸けて、めし移りに時ならぬ花を匂はせ、机の傍に据ゑ付けたる蒔繪のには、色々の歌集物語を載せ、柱には一面の古鏡を掛けて
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
浮世を忍ぶ旅路なればにや、一人は深編笠を隱して、顏容るに由なけれども、其の裝束は世の常ならず、古錦襴下衣に、紅梅萌黄浮文張裏したる狩衣を着け、紫裾濃の袴腰
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)