“萌黄縅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もえぎおどし66.7%
もえぎおど33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“萌黄縅”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ではこのよろいが売りものなのか。黒皮胴くろかわどう萌黄縅もえぎおどし、なかなかりっぱなものだが、いったいいくらで売るのだ」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
けれども、それは何、わかいもの同志だから、萌黄縅もえぎおどしよろいはなくても、夜一夜よっぴて戸外おもて歩行あるいていたって、それで事は済みました。
女客 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
信長は数珠をうけ取ると、自身の肩から斜めに胸へ掛けた。それは銀色の大数珠で、彼の着用している萌黄縅もえぎおどしの死の晴着を、なおさら壮美に見せた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)