“萌黄地”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もえぎじ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“萌黄地”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 植物学 > 植物学4.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
萌黄地もえぎじに肉色で大きくつるまるを染め抜いた更紗蒲団さらさぶとんが今も心に残っている。
竜舌蘭 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それは十畳吊の萌黄地もえぎじの近江麻で、裾は浅黄縮緬ちりめん、四隅の大房から吊手の輪乳わちちに至るまで、ったものであったから主翁ていしゅは気にいった。
沼田の蚊帳 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)