二階からにかいから
二階からといって、眼薬をさす訳でもない。私が現在閉籠っているのは、二階の八畳と四畳の二間で、飯でも食う時のほかは滅多に下座敷などへ降りたことはない。わが家ながらあたかも間借りをしているような有様で、私の生活は殆どこの二間に限られている。で、 …
作品に特徴的な語句
まく あく きく べい でき 御尋おたず やっ 打付うちつけ おそら かか 何人なにびと 間断しきり づれ たえ しか ふり やき 温順おとなし 高粱こうりょう ひど よこたわ ぼう のび せい 陰陽かげひなた たたかい 打々ターター くるし いや しず 彼女かれ 宿とま 一人いちにん けむ 漸次しだい 湿 あらわ こん すぐ 硝子がらす くら むね べに ならい 掩蓋おおい おび のち 幾人いくにん かわず 居着いつ 見識みし 寒行かんぎょう 容貌きりょう にぎや おど 可哀かあい つか 仰向あおむけ 遅々のそのそ とり 初春はつはる ちかづ 鉄漿おはぐろ 使つかい 万歳まんざい 可怪おかし くも 命賭いのちが 可愛かあい 阿父おとう 築山つきやま 間際まぎわ たしか おさな しずく 穿 すこぶ ひそ うかが 竿さお むこ しょう 霜融しもどけ 細雨こさめ 絶間たえま 習慣ならわし 面食めんくら