偸盗ちゅうとう
「おばば、猪熊のおばば。」 朱雀綾小路の辻で、じみな紺の水干に揉烏帽子をかけた、二十ばかりの、醜い、片目の侍が、平骨の扇を上げて、通りかかりの老婆を呼びとめた。—— むし暑く夏霞のたなびいた空が、息をひそめたように、家々の上をおおいかぶさっ …
作品に特徴的な語句
おじ はだら 婢女みずし ながむし しりえ すわえ じろ いね いそがわ ともし 痘瘡いも そびら 大寺だいじ かん 執拗しゅうね 上下じょうげ ひつじ だか こうべ 小刀さすが つばくら 一時ひととき 痘瘡もがさ 一町いっちょう 斑々はんぱん 情人おとこ 驍勇きょうゆう つの くびす くう めん 格好がっこう 大船おおぶね けん らく 水光すずびか のど きっさき たん 疫病えやみ みさお 藁沓わろうず はちす 蓬原よもぎはら 蒲簾かますだれ 葛巻つづらま 愛着あいじゃく ひき やみ かた 被衣かずき 平文ひらもん かたち 賭博ばくち こし おど 蹴上けあ つか うつばり 太刀だち 大路おおじ 逆撃さかう 大事おおごと かよ 造作ぞうさく たるき 気色きしょく 水面みのも ひとや 中肉ちゅうにく つら 千本せんぼん はえ 丹塗にぬ 眉目みめ ぐも 皮子かわご 牛車ぎっしゃ 猿臂えんび ふん べに しら 先手せんて すけ 饒舌じょうぜつ 沙金しゃきん 一声いっせい きょう 鏘然そうぜん 傀儡くぐつ あいだ うなじ