“さくら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:サクラ
語句割合
50.8%
25.8%
桜花9.4%
佐倉4.7%
作楽2.3%
佐久良1.6%
桜樹1.6%
佐倉炭0.8%
作良0.8%
塩桜0.8%
山桜0.8%
櫻炭0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿父さん、これり立てのなのよ。埃や毛虫の卵がくつ着いててもいけないから、一粒づつこの水で洗つて召しあがれよ。」
まむかうのべいもがかぶさつて眞白だ。さつとしたけれども、しめたこもつてせつぽい。濱野さんもしてた。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
向島武蔵屋奥座敷閑静からう、丁度桜花も散つてうた四廿一ごろと決したが、其披露文書方が誠に面白い。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
仕切りの唐紙めてくれたり、さあ御手をお出しなさいと云って、佐倉けた火鉢を勧めてくれたりするうちに、一時昂奮した彼の気分はしだいに落ちついて来た。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
健吉さんに嘱して載せた高徳の肖像画も、元本は津山市院ノ庄の作楽神社に伝わる木像の写しである。これは無断で相すまないが豊田稔氏の著「児島高徳皇子論」から転写させていただいた。
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小説家よ!……天晴れ、と一ついでやろうと、扇子を片手に、当時文界の老将軍——佐久良藩の碩儒で、むかし江戸のお留守居と聞けば、武辺、文道、両達の依田学海翁が
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
⦅そうら、また親爺め、女帝陛下のお供をした時の話をはじめをるぞ!⦆かう、呟やきながらレヴコーは足ばやに、例のの低い桜樹にかこまれた、馴染の小家をめざして、心も漫ろに急いでゐた。
ちょうど真蔵が窓から見下した時は土竈炭に入れ佐倉炭を前掛に包んで左の手でえ、更に一個取ろうとするところであったが
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「まア佐倉炭だよ!」と思わず叫んだ。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
桜田」は、和名鈔の尾張国愛知郡作良郷、現在熱田の東南方に桜がある。その桜という海浜に近い土地の田の事である。或は桜田という地名だという説もある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
都の花はまだ少し早けれど、逗子あたりは若葉の山に山桜咲きめて、山また山にさりもあえぬ白雲をかけし四月初めの土曜。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
奧方火鉢引寄せて、のありやとみるに、小間使ひがらせたる、櫻炭りて、よくもさでけつるはきまゝにてえしもあり、烟管取上げて一二
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)