“仲秋”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちゅうしゅう66.7%
ちうしう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仲秋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「いにしえから、仲秋ちゅうしゅうは婚姻をむ――という伝えがある。九月ともなったら、あらためて、御談合なつかまつろう」
仲秋ちゅうしゅうはもう過ぎたが、夜ごと、月がよかった。
柳生月影抄 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
きのふは仲秋ちうしう十五夜じふごやで、無事ぶじ平安へいあん例年れいねんにもめづらしい、一天いつてん澄渡すみわたつた明月めいげつであつた。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)