“納豆売”の読み方と例文
旧字:納豆賣
読み方割合
なっとううり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朝になると欠かさず通る納豆売の声が、の色を連想せしめた。宗助は床の中でその声を聞きながら、また冬が来たと思い出した。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
子規居士の没前数日に口授した「九月十四日の朝」という文章を読むと、朝納豆売が来たのを聞いて、家人にこれを買わせる話が書いてある。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
理髪所の裏が百姓で、牛のうなる声が往来まで聞こえる、酒屋の隣家納豆売の老爺の住家で、毎朝早く納豆納豆と嗄声で呼んで都のほうへ向かって出かける。
武蔵野 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)