“まと”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マト
語句割合
58.4%
16.9%
16.5%
5.3%
標的1.1%
正面0.3%
0.2%
目標0.2%
0.2%
0.1%
0.1%
完成0.1%
射候0.1%
0.1%
的標0.1%
眞砥0.1%
真礪0.1%
0.1%
魔都0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また、時には少年の着るような薄色のかした好みを見せれば、次の夕方には、もう一人の男もそれに似合うた衣をうていた。
姫たちばな (新字新仮名) / 室生犀星(著)
「このまえの約束した物ですよ」と得石はじれったそうにもつれた紐を解こうとした、「——貸金の証文をめて持って来たんです」
五瓣の椿 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
人にねらわれた事のない私、ああやって、形に表われた様な事で小石のにされた事などのない私はどんなに気味悪く思っただろう。
農村 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
胡麻塩羅紗の地厚なる二重外套へる魁肥の老紳士は悠然として入来りしが、内の光景を見るとく胸悪き色はつとそのでぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
それかあらぬか、同地神明社内には小桜神社通称若宮様)という小社ってり、今尚里人尊崇標的になってります。
照りつよく孟宗の上に立つ光十七夜の月にわれは正面向く
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
それも大夫が其の金をって、さのみ大した事でも有りますまいから、それを此方整然として、いえさ誠に失敬だが、それは大夫の方でにも致されようから、そんな事は心配なしに
叔母の云った通り、吉川夫婦は自分達より一足早く約束の場所へ来たものと見えて、お延の目標にするその夫人は、入口の方を向いて叔父と立談をしていた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「垂仁紀」に天皇狭穂姫皇后の膝を枕にね小蛇御頸にうと夢みたまいし段に似、長摩納が王を殺さんとして果さなんだところは、『吉野拾遺』、宇野熊王が楠正儀を討ち果せなんだ話に類す。
どんな無神経ものの眼にでも気がつかずにいない赤い三角形の蟇口はやすやすと細田氏の注視のとなり、氏のの下駄はと鳴って、三角形蟇口の前に止りました。
三角形の恐怖 (新字新仮名) / 海野十三(著)
いや何も知らない広告屋の爺さんは、細田氏の恐怖のである三角形の旗を身体中にヒラヒラとひらめかして凱旋将軍の如く向うへ押しすすんで行くではありませんか。
三角形の恐怖 (新字新仮名) / 海野十三(著)
この玄関払の使命をうしたのがペンである。自分は嘘をつくのは嫌だ。神さまに済まない。然し主命もだし難しで不得已嘘をついた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
それに今度は、すこし自分で研究したいことも有る。今胸に浮んで居る思想完成めて書かうといふには、是非とも自分で斯の山の上を歩いて、田園生活といふものを観察しなくちやならない。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
『本草綱目』に越地深山に治鳥あり、大きさ鳩のごとく青色で樹を穿ってを作る、大きさ五、六升の器のごとく口径数寸るに土堊を以てす、赤白相間わり状射候のごとし。
先生老荘ヲ好ミ兼テ禅理ニ通ズ。教授ノ暇香ヲキテ静坐シ寝食忘ル。玄冬和空皆方外ノナリ。先生射ヲ善クシ、四矢反セズトイヘドモイマダカツテヲ出デズ。ケダシ術ヲ原芝助ニ受ク。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そして村一統の指弾の的標になった。
苦力頭の表情 (新字新仮名) / 里村欣三(著)
鹿礪石のざらりとした肌理真礪青砥のなめらかな当り、刃物と石の互いに吸いつくようなしっとりした味が、なんだかもう思いだせなくなったようで、心ぼそくってしようがなかったんだ
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
庭に下りると、すずかけの木の木立ちのうしろは、アムペロプシスのいかかった欄干で、湖水の波は、ひたひたとその裾を洗っておる。
スウィス日記 (新字新仮名) / 辻村伊助(著)