“凱旋将軍”の読み方と例文
読み方割合
がいせんしょうぐん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明智は某国からの招きに応じ、ある重大な事件に関係し、みごとに成功をおさめて帰ってくるのですから、いわば凱旋将軍です。
怪人二十面相 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
二人ともさっきは凱旋将軍のようだったが、堀口生にあやまられてからすっかり気がよわくなってしまった。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
いや何も知らない広告屋の爺さんは、細田氏の恐怖のである三角形の旗を身体中にヒラヒラとひらめかして凱旋将軍の如く向うへ押しすすんで行くではありませんか。
三角形の恐怖 (新字新仮名) / 海野十三(著)