五瓣の椿ごべんのつばき
天保五年正月二日に、本所の亀戸天神に近い白河端というところで、中村仏庵という奇人が病死した。年は八十四歳であった。彼は大工と畳職の棟梁であるが、書をよくし、雲介舎弥太夫と号していた。それは、箱根へ湯治にいったとき、駕籠舁から息杖を買って帰り …
作品に特徴的な語句
まさぐ はな すげ はにか さえずり 下手したて 不審いぶ まば かっ ゆわ はず そそのか おこ はた 大切おおぎり 合羽がっぱ あい せん こし たい さお なまめ 逢曳あいび 嘲笑ちょうしょう 固粥かたがゆ 給銀きゅうぎん ばち ほう より うたい 日済ひな まく 貪欲どくよく いや 窓框まどがまち のん つか 吉原なか あら かた まぶ こび 三下さんした とき 手焙てあぶ 後手ごて だて 定廻じょうまわ がゆ ひさし 手提てさ 黄昏たそが さき とま ひま あかり 音締ねじ なぎさ 膳立ぜんだ 流行はやり 恍惚うっとり 饒舌じょうぜつ さかな 紫檀したん 紫若しじゃく 絃歌げんか 腑分ふわけ つづ すが すね 肚立はらだ うらや 美味うま 羽折はおり ののし ばち まと つな 肉躰にくたい 胸乳むなぢ 羽交はが