姫たちばなひめたちばな
はじめのほどは橘も何か嬉しかった。なにごともないおとめの日とちがい、日ごとにふえるような一日という日が今までにくらべ自分のためにつくられていることを、そして生きた一日として迎えることができた。日というものがこんなに佳く橘に人事でなく存在して …
作品に特徴的な語句
くらや ちぎろ うち わら かさね たかぶ うしの けぶ かな 猟夫さつお かたじけの こう おもい おお あぜ はし もぐ やっ はず 打交うちかわ おり ぬる ほとんど いっ やさ 確乎しっかり しっか 最中さなか いぶ うなず こわ もも 荒魂あらたま ほうむ まか 築地ついじ 貴所きしょ 声音こえ こいし 退 つか 吩附いいつ かわ おごそ ひつぎ かけ つが まばた とき まさ しば 相射あいうち すべ 薩張さっぱ 胡籙やなぐい さかな 片袖かたそで ねら 狩衣かりぎぬ こら 益々ますます 羽捌はねさば 相射あいう 美事みごと まと しげ 相殺そうさい あら 硯筥すずりばこ こわ つぶて いの 矢痍やきず 空射からうち まぶた ひとみ 瞬刻しゅんこく 眼附めつき 相触あいふ あや 絢爛けんらん 眼当めあて 紫苑しおん よそお ひも 練色ねりいろ ねむ