“高膳”の読み方と例文
読み方割合
たかぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
というと、眞葛周玄は恭しく足附の高膳を山三郎の前へ据えまして銚子を持って参りました。其のうち一つは毒薬の仕込んである酒、一方の者が飲むように銚子を替えて持出しました。
その夜、橘はいつになくいをらせ、晴れやかな夕餉高膳についた。
姫たちばな (新字新仮名) / 室生犀星(著)
かう言つて道臣は、盃を足附きの高膳の上に伏せた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)