“たかぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
高膳75.0%
高善25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その夜、橘はいつになくよそおいをらせ、晴れやかな夕餉ゆうげ高膳たかぜんについた。
姫たちばな (新字新仮名) / 室生犀星(著)
というと、眞葛周玄は恭しく足附の高膳たかぜんを山三郎の前へ据えまして銚子を持って参りました。
で今、途中で聞いた遠野で一番だと言う宿屋の高善たかぜんと言うのに着いたところだ。
旅からのはがき (新字新仮名) / 水野葉舟(著)