人造人間戦車の機密じんぞうにんげんせんしゃのきみつ――金博士シリーズ・2――――きんはかせシリーズ・に――
魔都上海に、夏が来た。 だが、金博士は、汗もかかないで、しきりに大きな手押式の起電機を廻している。室内の寒暖計は、今ちょうど十三度を指している。ばかに涼しい室である。それも道理、金博士のこの実験室は、上海の地下二百メートルのところにあり、あ …
作品に特徴的な語句
おろ 処女しょじょ じゅ つか おお きわ じゅく かさな つかわ 数奇すうき 折柄おりがら 老酒ラオチュー なさ 忠良ちゅうりょう たぐ 頸飾くびかざ ひび つら はた うさぎ 出現しゅつげん 動揺どうよう 勝戦しょうせん けだもの 道理どうり すう はい 多忙たぼう 要人ようじん 大旆おおはた ひょう まか 手硬てがた 落胆らくたん はま つつ 張合はりあ 彼奴きゃつ 英米えいべい すず つぶ 濠洲ごうしゅう 火喰ひく 熱砂ねっさ 燻製くんせい きば 狐狸こり ねら 狼烟のろし さる 珍味ちんみ かめ はなは 疾走しっそう さかずき 目懸めが たて 真直まっすぐ まぶ にら 砂塵さじん 硬直こうちょく ろく 禿頭はげあたま 移駐いちゅう 積悪せきあく 空壜あきびん 蹂躙じゅうりん 鼠色ねずみいろ 麾下きか 鳥渡ちょっと 魔都まと 騒々そうぞう ひるがえ くび うなず 雲霞うんか げき しず 鋼鈑こうばん にぶ 重慶じゅうけい しょう 酋長しゅうちょう やしき 遮断しゃだん 進捗しんちょく 追払おっぱら 轟々ごうごう にお 翩飜へんぽん 者共ものども