“勝戦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かちいくさ87.5%
しょうせん12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その顔がまた、どれもいつになく微笑を浮べているのは、西楚覇王の首をあげた今日の勝戦の喜びが、まだ消えずにいるからであろう。——
英雄の器 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
勝戦のおかげで、港も仕事の増える目安がついて、これから忙しゅうなるんじゃが、そこに、また、別の心配がある。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
あまりに意外な勝戦に、原地人軍の酋長は、それ以来、自分が神様の生れかわりであると信ずるようになったそうである。