“マト”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:まと
語句割合
60.0%
焦点20.0%
20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
サダマラズ、ヨロヨロ彷徨ホウコウ衆人蔑視シュウジンベッシマトタル、誠実セイジツ小心ショウシン
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「第一課。コノ絵ニカイテアルチイサナ人ハ、大キナ弓ヲイテ、遠イマトニアテマシタ。コノ人ハ大キクナッテカラ……」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
マトと言ふ語は、いくはなどゝは違うて、古くは独り立ちするよりも、熟語となつて表現能力が全う出来た様である。
まといの話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
併し、一応誰しも思ひつくマトの方面から、探りをおろして見る必要があらう。
まといの話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
マトイアテルヨリハ、ワガ思念開陳シネンカイチン体系タイケイスジミチチテリ、アラワナル矛盾ムジュンモナシ、一応イチオウ首肯シュコウアタイスレバ、我事ワガコトオワレリ、白扇ハクセンサットヒライテ、スネノハラウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
第一、女たちの生活は、起居タチヰふるまひなり、服装なりは、優雅に優雅にと変つては行つたが、やはり昔の農家の家内ヤウチの匂ひがつきマトうて離れなかつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
壁代カベシロの様に縦横に裁ちついで、其まゝ身にマトふやうになさる外はおざらぬ。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)