“欧羅巴”のいろいろな読み方と例文
旧字:歐羅巴
読み方割合
ヨーロッパ76.6%
ヨーロツパ8.4%
ヨオロツパ3.0%
ヨオロッパ3.0%
ヨウロツパ2.4%
ヨウロッパ2.4%
よーろっぱ1.2%
ようろっぱ1.2%
エウロッパ0.6%
エフロツパ0.6%
ユウロプ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それくらい好きな煙草を長崎にいたときやめて、い煙草も安く喫める欧羅巴にいたときにも決して口にえることすらしなかった。
三筋町界隈 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
欧羅巴の外交家達は、その懺悔録の前で、真つ赤になつて馬のやうに鼻を鳴らしたり、のやうに取つ組み合を始めるに相違ない。
先づ「一千一夜物語」を欧羅巴に紹介した最初の訳本は一七〇四年に出たアントアン・ガラン(Antoine Galland)教授の仏訳本である。
今の大陸の欧羅巴は死んだ欧羅巴だというので、生気のあった時代の遺蹟を慕って、「過去の岸に沿うて舟をる」というのです。
ムネ・シユリイは「女はだ好いが、欧羅巴の男の今日の服装は実にきたない。日本の男でも欧洲の服を真似て着るのは賛成が出来ない」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
応対のにして人馴れたる、服装などの当世風に貴族的なる、欧羅巴的女子職業に自営せる人などならずや。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
近頃は西洋からヨークシェヤだのパークシェヤだの色々な豚の種類が来るけれどもあれはんな支那豚を種にして欧羅巴在来の種類を改良したものだ。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
只今では欧羅巴の人と日本の人と教会で葡萄酒を飲んで婚礼をするという世の中になりましたが、縁は妙なものでございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
これに就いては私も種々と考へたけれど、大きに思ふところもあるで、いつそあれは遣つてうての、お前はもしの事だから大学を卒業して、四五年も欧羅巴へ留学して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
羅馬は一都府の名で、また昔は世界の名であつた。ルーソーは欧羅巴中に響く喇叭を吹いた。コルシカ島はナポレオンの生れた処だ。バイロンといふ人があつた。トルストイは生きて居る。
雲は天才である (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
欧羅巴の光の中をきながら飽くこと知らで泣く女われ
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)