家常茶飯 附・現代思想かじょうちゃはん ふ・げんだいしそう
第一場 広き画室。大窓の下に銅版の為事をする卓あり。その上に為事半ばの銅版と色々の道具とを置きあり。左手に画架。その上に光線を遮るために使う枠を逆さにして載せあり。室の真中に今一つの大いなる画架あり。その脇に台あり。その上に色々の形をなした …
作品に特徴的な語句
ろく ゆる 化粧おしまい おっし ずき うわ かむ たずね じゅう かい 生々ういうい 生花せいか ぶっ こしらえ あっさ すき しぼ しずか いだ あたたか とむらい あざけり くう 怪訝かいが はず こなし たすけ わが 凭掛よりかかり 打附ぶっつ 扮装みなり 真直ますぐ かえ はた もうし たのしみ 今日こんち おどろき とど 欷歔ききょ 晩方ばんかた せん 三枝みえだ あかり ふり ゆだ 町外まちはずれ きらい ぜん やすみ たち らく かえっ つもり 珈琲コオフィイ こら 翌朝よくちょう うしろ おも かご はり 微笑ほほえみ 一々いちいち ざら さい とっ むすめ しつ いえ そばだ かんがえ たっと まとま ぬい おれ きれ さしはさ 私共わたしども 柑子こうじ 板挟いたばさみ うけたまわ 暇乞いとまごい みな 明日あした