“きい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:キイ
語句割合
21.6%
21.6%
紀伊15.7%
奇異11.9%
5.2%
忌諱5.2%
3.0%
1.5%
1.5%
1.5%
1.5%
毅一0.7%
0.7%
0.7%
城井0.7%
基肄0.7%
歸依0.7%
着好0.7%
紀井0.7%
0.7%
0.7%
貴意0.7%
鍵盤0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誠に冥土の人にたような気がして、ソレカラいろ/\な話をて、清水と一緒になったと云うことも分れば何も仕舞た。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
午食前に、夫妻鶴子ピンを連れて田圃に摘草に出た。田のの猫柳が絹毛を脱いでろい花になった。路傍草木瓜にふくれた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
志州鳥羽までは汽車、鳥羽から紀伊のK港までは定期船、それから先は所の漁師にでも頼んで渡して貰う外には、便船とてもないのである。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
一由旬異国の四十里なり、十二由旬は日本道六十六里なり。一尺六寸の玉六十六里四方を照すは奇異といふべし。
「今日はね河岸へ大層着いたそうで、しいのがあるからおな赤いのをと思ってちゃんを一人ぼっちにして、角の喜の字へくとね、帰りがけにお前、」
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
山県大弐の学説は幕府の忌諱に触れる点が多く、おまけに不穏なことを企んでいるなどという噂もあるので、ひそかに探索が廻っているという状態だそうだ
夜明けの辻 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それでもせんだってまでは日本人が一人おった。この先生はすこぶる陽気な人でこんな家には向かない。我輩がほととぎすを読んでいるのを見て、君も天智天皇の方はやれるのかいとた男だ。
倫敦消息 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「旦さん、この仲居さんはまだ新米だすさかい、のきかんところはかんにんしておくんなはれ。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
得たれば江戸風に氣がて居るとか云れて評判よく少光陰の中に仕出して段々普請建直し今にては勿々立派なる身上になりしといふ金毘羅へ行たる者が歸りてのしなり丸龜にて江戸屋清兵衞と云ば一番の旅宿だと云事なれば旁々ね度は思ひしか共五日や十日にては
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
どんの喜市はとても芝居好きで相撲狂でありました。彼は本郷から赤坂麹町までの配達に出ましたが、帰りには必ず神田の三崎町を通り、三崎座をのぞくことにきめていました。
「すこしってもいいかあ。」
狼森と笊森、盗森 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「もらい物ですが、毅一さんとちゃんに。まだ学校ですか、見えませんねエ。ああ、そうですか。——それからこれはさんに」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
中将もやおらを起こして「どれそこまで運動かたがた、なにそこまでじゃ、そら毅一も運動に行くぞ」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
そこで婆は地蔵さんに、『地蔵さん地蔵さん、豆が転がってえんか』と尋ねますと、地蔵さんが、おれ喰ってしまったとお返事を
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
豆さ転がってえんかと尋ねたが、地蔵さんは何とも返事をしないのに、慾タカリ婆は勝手に地蔵さんの膝の上へのぼったり、手のひらへ上ったり、肩の上へのぼったり、頭の上へのぼったりして
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
今文三の説話て当惑をしたもその筈の事で。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
たとえば下野の宇都宮家が豊前城井に新恩の地を貰って行けば城井氏となり、さらにこの家から肥後の内古閑に移住して行けば、内古閑氏となった類である。
名字の話 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
肥前の基肄の三城を修繕せしめられた記事があります。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
どの宗門に歸依しても一向に干渉しなかつた爲で、善智識と呼ばれる大先達自身でも、平常は唯の門徒衆で、寺方のよき壇徒であつたのはまことに面白い呑氣さでした。
村「大層く出来ました、誠に結構……お前のは仕立屋よりかって着好いと旦那も仰しゃってゞ、誠に好く出来ました、大分色気も好くなったの」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
討手追撃を受けて宮は自害し給い、神器のうち宝剣と鏡とは取り返されたが、神璽のみは南朝方の手に残ったので、楠氏越智氏の一族に宮の御子二方じて義兵を挙げ、伊勢から紀井
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
兒玉先程來かず、微笑して人々氣焔たが、突然出身學校はれたので、一寸なかつたのである。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
奥様の出る時何とか言つたかい。』と佐山銀之助は茶の間にるとた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「エーと、右の事情につき、御示しの条件にては、残念ながら貴意に添いきかと……」
ピアノの鍵盤の音までも
月夜 (旧字旧仮名) / 桜間中庸(著)
ソレ故一寸一目見た所では——今までの話だけをた所では、如何にも学問どころの事ではなくワイ/\して居たのかと人が思うでありましょうが、其処の一段に至ては決してうでない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)