名字の話みょうじのはなし
多くの日本人が想像するように、昔というものが現代と無関係のものでないということを証明するがために、名字の話をしようと思う。 我々が十人寄れば多くの場合には十の名字があって、鈴木とか渡辺とかありふれた名は別として、その他の人にあっては、旅行先 …
作品に特徴的な語句
たてまつ こう きよし 蓮花れんか うそ 三子みつこ みょう 戸次べつき 木瓜きゅうり とど おさ くみ きゅう 中子なかつこ 十時ととき かばね きらい 彼方あなた はば たて 上野こうずけ 主取しゅうど 二子ふたご 交際つきあい 何平なにべえ 其方そなた つと いにしえ 名主みょうしゅ 名告なのり 名簿みょうぶ 四子よつこ 国府こくふ 垣内かいと 大夫たいふ 大子おおいこ あざな 小山おやま 播布はんぷ はれ 殿との 漸々ぜんぜん 熊谷くまがや おそ まこと 秦野はだの 空閑くうかん たきぎ 藤太とうだ こし ろう ごう 鎗刀やりがたな 一廉ひとかど 三上みかみ 三舎さんしゃ 上総かずさ 下総しもうさ 下野しもつけ うち 主筋しゅすじ 井筒いづつ 仔細しさい 仲尼ちゅうじ 何某なにがし 余吾よご 倶記ぐき 偏頗へんぱ やと 僅々きんきん 僭称せんしょう 制馭せいぎょ 加恩かおん 加西かさい いや 可愛かわい 吉川きっかわ 吉香きっこう 名乗なのり 名頭ながしら 団子だんご 国知くにとも 在名ざいみょう 地侍じざむらい 地鎮じちん 地頭じとう 城井きい 境木さかいぎ 壟断ろうだん 外様とざま 太田おおた 女夫めおと 奴婢ぬひ 婿むこ