一商人としていちしょうにんとして――所信と体験――――しょしんとたいけん――
この書には中村屋創立当時から現在までの推移をほぼ年代を追うて述べているが、店の歴史を語る主意ではない。店員たちに平素抱いている私の考えを取りまとめて話したいと思い、すべて自分の体験に即して商人の道を語ろうとしたので、勢いこの体系をなすに至っ …
作品に特徴的な語句
タッチ みのる きい あと おの おく たゆ うる おとし 退さが おろし 好尚このみ 如何いかん やす 暗闇やみ とどこ 生魚なまざかな にべ たとえ 路加るか 退 鑑別みわけ 鵜呑うのみ 事勿ことなか わた 仕来しきた 仮初かりそめ 余所よそ ひとえ ぬす ひが 内儀かみ 匪賊ひぞく かく かな あき 周章あわ 喇嘛ラマ 嚆矢こうし おとり 国許くにもと 基督キリスト むこ 姑息こそく よろ 容器いれもの むか 対手あいて もっぱ わか かさ 幾何いくばく 幾許いくばく 店頭みせさき 座頭ざがしら かど つね 所以ゆえん 手段てだて 手蔓てづる たす 招聘しょうへい こしら さば 易々やすやす 昵懇じっこん 智慧ちえ 朝生あさなま 標語モットー 殷賑いんしん 泰斗たいと 渋々しぶしぶ 溌剌はつらつ 爾来じらい 独逸ドイツ 瓦斯ガス 産褥さんじょく ちが 癲癇てんかん ちか 眷属けんぞく