“いくつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
幾歳46.2%
幾個24.7%
何歳10.5%
幾箇4.7%
幾年2.5%
何箇1.5%
幾何1.5%
幾許1.1%
何個1.1%
幾才0.7%
幾基0.7%
幾干0.7%
幾部0.7%
一体幾歳0.4%
各箇0.4%
0.4%
幾台0.4%
幾川0.4%
幾度0.4%
幾羽0.4%
幾顆0.4%
幾齢0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはもう幾歳になつたから親に別れて可いと理窟はありませんけれど、か慰むるに足ると、まあ、思召さなければなりません
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
カチカチ山の狸と兎が背負っているような、恰好のいい蒔の束が、見る間に幾個も幾個も出来たのを、土蔵の背後に高々と積上げた。
父杉山茂丸を語る (新字新仮名) / 夢野久作(著)
兼「なんでございますねえ、本当にお堅いねえ、嬢様が余程なんしていらっしゃいますのに、貴方お何歳でいらっしゃいますえ」
されど旅客の來りてふものもなければか、店頭には白き繭の籠を幾箇となく並べられ、客を待てる準備は更に見えず。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
「一層よいの、処女に限る。……其方幾年だ? 二十九だったかな。年から云っても盛りは過ぎた。もう俺には興味はない。……代りに千浪をよこすがよい」
血ぬられた懐刀 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
実にその相互に異ったる状態を有せる曲線の即ち弧という奴の数は何箇あるか知れない。
ねじくり博士 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
秀子「私は茲へ来るのに八時間掛かりました、昼の十二時から夜の八時過まで、ハイ来る路に分らぬ所や錠の錆附いて、開かぬ戸などが幾何も有りまして、寧そ途中で死んだ方が好ったのに」
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
くは何者ぞと問へば此家の娘なりといふ容貌も温泉にひて清げならん年は幾許ぞ。
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
勿論此樣絶島だから、して立派建築ではない、けれどなり巨大板家で、には海軍筆太され、き、不恰好何個んでへるのは
春「私はね、もうねお屋敷へ一度参った事がございますがね、其の時分は幼少の時で、まアお見違申しました、まだ貴方のお小さい時分でございましたからさっぱり存じませんで、大層お立派におなり遊ばしたこと、お幾才におなり遊ばした」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
今年銅像を建てたと云う大山島、東郷島がある。昔此辺の領主であったと云う武家の古い墓が幾基も立って居る島もあった。夏は好い遊び場であろう。今は寂しいことである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
幾干も幾干も有るのでございまするが、小説中の人物と実社会の人物との関係と申す事は、取り分け重要であり、かつまた切実な点であることは申すまでもない事だと存じまするのでございます。
当時に有名の番匠川越の源太が受負ひて作りなしたる谷中感応寺の、何処に一つ批点を打つべきところ有らう筈なく、五十畳敷格天井の本堂、橋をあざむく長き廻廊、幾部かの客殿、大和尚が居室
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
「君、お清は一体幾歳になるんだろう。」と周平は突然尋ねた。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
各箇かの団体の、いろいろの彩布の大旗小旗の、それが朝風に飜って居る勇しさに、凝乎見恍れてお居でなさった若子さんは、色の黒い眼の可怖い学生らしい方に押されながら、私の方を見返って
昇降場 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
Nさんは六十だが、気持は青年である。この碁会所は帝大の碁の選手の稽古場になつてゐるが、さういふ若い学生や僕達と酒をのむことが好きである。
市井閑談 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
人や馬の曳く雪橇幾台か丑松の側を通り過ぎた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
うして大阪近くなると、今の鉄道の道らしい川を幾川て、有難い事にお侍だから船賃はかったが、日は暮れて暗夜真暗、人に逢わなければ道を聞くことが出来ず
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
おゝおゝ、如何か仕ましたか。大きな、大きな鉄槌で、黙つて坐つて居る父様の、頭を打つて幾度も打つて、頭が半分れたので坊は大変吃驚した。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
暁闇のしずれに漂っていた。小蝶が幾羽もつばさを畳んで眠っていた。離家の明けてある戸をはいってゆくと、薄暗い青蚊帳の中に、大きな顔がすっかりゆるんでいた。
その時蜜柑山に蜜柑がべたりに生る景色を始めて見た。蜜柑取りに一枝売ってくれと云ったら、幾顆でも上げますよ、持っていらっしゃいと答えて、の上で妙なをうたい出した。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そうかい。奉公に行くのかい。お前は幾齢になった」