反抗はんこう
井上周平は、隆吉を相手に、一時間ばかり、学課の予習復習を——それも実は遊び半分に——みてやった後、すぐに帰ろうとした。其処へ保子が出て来て、心もち首筋から肩のあたりへしなを持たせた様子と、かすかに開いた唇から洩れる静かな含み声とで、彼を呼び …
作品に特徴的な語句
あか なか だあれ 退しざ あて しっぽ 容姿きりょう おん おろ 休息やすらい ほっ うっ よぎ むな がた はた すがた ほう いじ 泥濘ぬか 漢口はんこう 煖爐ストーヴ おだ おこ くたび ゆら いだ とく いじ 許婚いいなづけ つい おぶ かけ こら 何時なんじ あらわ りゅう せん そその 三階うえ 歳暮くれ 主婦かみ ほて 今日きょう 明日あした まこと 揶揄からか から 懶惰ものぐさ こま しょ しま いとぐち 形体えたい たいら きれ 表札ひょうさつ 起臥おきふし 調度ちょうど から さから いさか 噴霧きり ひと 孵化かえ 開扉ひらき 錻力ぶりき 甘酸あまず ひとみ 足下あしもと 餉台ちゃぶだい 釣魚つり まぶ 真平まっぴら 身内みうち はぶ 目配めくば 金口きんぐち 画家えかき 生気せいき 無下むげ 黒子ほくろ 重宝ちょうほう 深谷ふかや きよ たま 魚屋さかなや さかな 炭団たどん 玄人くろうと とう 饒舌しゃべ 禎輔ていすけ