“噴霧”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふんむ66.7%
きり33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“噴霧”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
たちまち見る、眼前がんぜん銀河ぎんが、ドウッ——と噴霧ふんむを白くたてて、宙天ちゅうてんやみから滝壺へそそいでいる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
弓も、数百げんが一時にうなると、爆風に似て、矢道やみちは黒い噴霧ふんむのようだった。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
顔も渋めずにひたすら噴霧きりを吸い込むことにつとめていた。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
食塩水の噴霧きりがさっと注ぎかかると、隆吉は咳き入った。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)