“宙天”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちゅうてん85.7%
ちうてん14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“宙天”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
平山の首は宙天ちゅうてんに飛んで、一緒に寝ていた小栄のかおに血がさっとかかる。小栄は夢を破られてキャーと叫ぶ。
たちまち見る、眼前がんぜん銀河ぎんが、ドウッ——と噴霧ふんむを白くたてて、宙天ちゅうてんやみから滝壺へそそいでいる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大波おほなみたゞよ小舟こぶねは、宙天ちうてん搖上ゆすりあげらるゝときは、たゞなみばかり、しろくろくも一片いつぺんをもず、奈落ならく揉落もみおとさるゝときは、海底かいていいはなるの、あかあをきをさへるとひます。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)