“何個”の読み方と例文
読み方割合
いくつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「どうだ諸君こうやって出そうとすれば、何個でも出せる。しかしそう玉子ばかり出してもつまらないから、今度は一つ生きたを出そう」
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
勿論此樣絶島だから、して立派建築ではない、けれどなり巨大板家で、には海軍筆太され、き、不恰好何個んでへるのは
細長い陶器の火鉢を各自に出すのがこの家の習慣に成っていた。その晩はある音楽者の客もあって、火鉢が何個も出た。ここはすべてが取片付けてあって、あまり部屋を飾る物も置いて無い。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)