“雪橇”の読み方と例文
読み方割合
ゆきぞり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
カーテンを上げていてみると、人気のない深夜の裏通りを一台の雪橇って行く、と思う間もなく、もう町のカーヴを曲って見えなくなってしまった。
追憶の冬夜 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
そのうちに、向うのの中から、さいぜんの若い馭者が馬の口をとりながら、一台の雪橇を曳き出して来るのが見えた。僕は雪橇というものをはじめて見た。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
人や馬の曳く雪橇幾台か丑松の側を通り過ぎた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)