“いく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:イク
語句割合
81.5%
畏懼3.1%
2.8%
2.1%
異口1.7%
1.4%
偉躯1.0%
1.0%
0.7%
如何0.7%
維駒0.7%
伊久0.3%
0.3%
何程0.3%
威躯0.3%
幾干0.3%
0.3%
烈々煜0.3%
異懼0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
恐らく今度も、矛盾撞着が針袋のように覆うていて、あの畏懼と嘆賞の気持を、必ずや四度繰り返すことであろう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「重くはないさ。」と、鬚があり口のがある鉄の面の上で重い作り声がした。「だけど俺には之を着ては到底さは出来さうもない。」
籔のほとり (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
弥陀如来の本願で念仏するものは悪道に落されず迎えとられるのだ。念仏をすることは一騎当千の強者になるよりもいことだぞ。お前もなんぞは早く止めて念仏をしろ念仏をしろ
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
と杉山と黒須先生が異口同音にほめた。照彦様はまもなくご機嫌が直った。富田さんも黒須先生も安心して釣り始めた。
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
イエスけるは人はパンのみにてるものにあらずただ神の口よりるとされたり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
魯達はもう例の憲兵服をった偉躯を場末町にあらわして、安旅籠の魯家の入口に立っていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
セエラがモントモレンシイ家の前を通りかかると、子供達はどこかの夜会へでも出かけるらしく、ちょうど舗道を横切って馬車の方へ歩いてところでした。
もう一本のものには、「時雨」という銘があって、そのわきに、虫のような細字で「」という一字がってあった。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
如何いびりの胡麻白さんでも此時だけはのんびりして幾干善心ちかへるだらうとはれる。し、清明季節高地旦道などし。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
甲斐の二度めの妻は、津田玄蕃の妹で、名を伊久といい、今年二十九歳になる。結婚するとすぐに、甲斐は江戸へ去り、伊久はあとに残った。
また尻に九孔ありと珍しそうに書きあるが他の物の尻にはつ孔あるのか、随分種々と物を調べた予も尻の孔の数まで行き届かなんだ。
「何、うめあわせをせよというか。いと易いことじゃ、何程らでもしよう。鉄棒の刺身はいかがじゃな」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
須弥壇上に立つ堂々一丈二尺の威躯は実に荘厳であり、力が充実しており、また暗い天井のあたりに仰がれる尊貌は沈痛を極めている。慈悲の暖かさも悟達の静けさもみられない。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
幾干らだと思う。——お思いなすって、槙村先生。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それも母親さんのようにこんな気楽な家へお嫁に往かれりゃアともかくもネー、しヒョッと先にでもあるんで御覧、なかなかこんなに我儘気儘をしちゃアいられないから
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
忽地にして其の金光の一道は二道となり、三道となり、四道五道となり、奕々灼々として、火龍舞ひ、朱蛇驚き、萬斛の黄金の烘爐を溢れて光燄熾盛、烈々煜々たる炎を揚ぐるが如くになると
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
て私のみではない。盗難のあったれ以来、崖下の庭、古井戸の附近は、父を除いて一家中異懼恐怖の中心点になった。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
上士の残夢めずしてにこれをむものあれば、下士はてこれを懇望せざるのみならず、士女のなく、上等の家にせられたる者は実用に適せず
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)