“山伏”の読み方と例文
読み方割合
やまぶし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山家あたりにむものが、邸中座敷までつともなくるのにじて、大峰葛城つた知音山伏んでると
くさびら (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
山伏姿にやつしてはおいでになりますが、あなたはきっと酒呑童子退治するために、京都からおりになった方々でしょう。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
目見以上、五百石以下の未決囚は揚座敷へ。お目見以下、御家人、僧侶、山伏、医者、浪人者は、ひと格さがった揚屋へ入れられる。
顎十郎捕物帳:08 氷献上 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)