“どんな”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
甚麽29.8%
何様14.3%
什麽7.1%
奈何7.1%
如何那7.1%
甚麼4.8%
如何4.8%
何程4.8%
如何様3.6%
何樣3.6%
什麼2.4%
其麼2.4%
如何樣2.4%
何麼1.2%
何麽1.2%
其麽1.2%
奈様1.2%
時甚麽1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父樣いおで、きりえるやうな爲置かれたではありませんから、どもは甚麽出會ひましても、安心でございます。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
政「長さん、珍しく今夜は御機嫌だねえ…お前さんの居る所が知れないと云って、おさんや何様に心配をしていたか知れないよ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
お花姉さんのには什麽が書いてあるか知ら、一つお手本を拝見してやろうとい所に気がついて、乃公はと姉さんのへ上って行った。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
私はそれが嬉しかつた。奈何尫弱い体質でも、私は流石に男の児、藤野さんはキツと口を結んで敏く追つて来るけれど、容易に捉らない。
二筋の血 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
彼女が如何那に勇ましい婦人であるか太守もわかるに違いありません。
といふのが、はじまりは嬢様が、それ、馴染病人には毎日はせるから、愛相の一つも、あなたおみますかい、甚麼でございます
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
今日までばすべく半襟はなかつたが、此等たら如何こぶだらうとふと、もうれしくつてらなかつた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ファラリイスの血を分けた当歳が三十四頭という呼声に成りました。殿下の御喜悦何程でしたろう。到頭野辺山が原へ行啓を仰せ出されたのです
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
四季刻々うつりかわる景色が如何様に面白く珍らしく見えたであろう! 背戸緑の糸をかけそめて枯葦の間からぽつぽつ薄紫の芽がふく頃となれば
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
廓内大卷さんよりも奇麗だと皆がいふよ、お前が姉であつたら己れは何樣に肩身が廣かろう、何處へゆくにも追從て行つて大威張りに威張るがな、一人も兄弟が無いから仕方が無い
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
若し僕にアリバイが出来なかったとしたら、僕等は什麼怖ろしい結果になっていたか知れない。然しそれと言うのも所詮君がDを出る前に、あんな事を僕に頼んだからこそだった。
旅客機事件 (新字新仮名) / 大庭武年(著)
で、何處までも末頼母しい情人の樣に、態度をくづさず女の傍に密接いて歩きながら滿心の得意が、それだけで足らず、流盻を使つて洋裝の二人連を見た。其麼顏をしてけつかるだらうと思つて。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
段右衞門聲高にしい女め如何樣にべら/\喋舌とも然樣なことは夢にも覺えはれはまアしい阿魔だ女に似合誣言事扨は三五郎のと思ひ違へての惡口ん七人の子をとも女に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何麼に悲しい事辛い事があろうとも、を切って澄まして居なければならぬ。現代人は何処までもエゴイストである。
第四階級の文学 (新字新仮名) / 中野秀人(著)
老教師はその紙包を戴いて何麽事があつても、馬左也氏の名前は忘れまいと胡麻白の頭を幾度か下げて引下つた。
其麽声で言ふと聞えるよ。何有、道庁の学務課へ出てゐる小役人だがね。昔から壁に耳ありで、其麽処から計画が破れるか知れないから。』
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
左様して下さいな。貴方のやうな方に来て頂くと、奈様に病人も喜ぶか知れません。」
死の床 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
母、生みの母、上衝で眼を惡くしてる母が、アノ時甚麽に戀しくなつかしく思はれたらう! 母の額には大きな痍があつた。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)