漁師の娘りょうしのむすめ
常陸の国霞が浦の南に、浮島と云って、周囲三里の細長い島がある。 二百あまりの家と云う家はずらり西側に並んで、向う岸との間は先ず隅田川位、おおいと呼べば応と答えて渡守が舟を出す位だが、東側は唯もう山と畠で持切って、それから向うへは波の上一里半 …
作品に特徴的な語句
つと 往来ゆきもどり ちゃん 無情なさけね うみ みい そばだ 孩児ねねっこ どう ひま ものい 斯々こうこう うしろ はい 周囲めぐり 真正ほん とっ しも 斯様こう うご 何人なにびと つくろい いつく ちょう 其様そう 邪気まわりぎ 此方こち 左右とかく 衣服べべ 空明くうめい しばし 父母ふたおや つれ 何様どう ごく 間々あいあい とおざ 小魚ざこ さなが ほん 如何どう こた そら 水馬あめんぼう 一入なお 突然だしぬけ くう こまか さす もみじ おもい うしろ におい 矢張やっぱり 此方こっち 薩張さっぱり ばば 好人ひとよし むすめ したし みつ こと おやじ みつ やかま かか 人身ひとだけ たく 法外のけもの やが 吾家わがいえ 出立いでたち なに 到底とても 根株ねっこ おう かじ わき かつ わたし 狼狽うろた 時節とき 明夕あくるよ こん あるじ 何様なにさま おそ 習字てならい 依然やはり しん