死の床しのとこ
「柿田さん、なんでもかんでも貴方に被入しつて頂くやうに、私が行つて院長さんに御願ひして来て進げる——左様言つて、引受けて来たんですよ。」 流行の服装をした女の裁縫師が、あの私立病院の応接間で、日頃好き …