“畏懼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いく90.9%
おそ9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ああ果たしてしからんか、あるいは孤独、あるいは畏懼、あるいは苦痛、あるいは悲哀にして汝を悩まさん時、汝はまさにわがこの言をうべし。
小春 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
恐らく今度も、矛盾撞着が針袋のように覆うていて、あの畏懼と嘆賞の気持を、必ずや四度繰り返すことであろう。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そうして、その一度一度に、私の心は沈淪患難されるかのように、畏懼れ、えるのでした。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)