“幾箇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いくつ86.7%
いくたり6.7%
いくら6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
S——町のを流れている川をって、重なり合った幾箇かの山裾辿って行くと、にその温泉場の白壁やが目についた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「内にはお客は今幾箇有るのだね」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
此の人は神田佐久間町河岸にいる山口善右衞門という炭問屋で、は八間間口で、土蔵も幾箇かあり、奉公人も多く使って居ります。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)