“云聞”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いひきか50.0%
いひきけ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仕出たり光陰の如く享保も七年とは成ぬ吉之助も當年は十八歳と成けり夫婦相談して當年の内には吉之助へも云聞良辰
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
云聞せければ十兵衞は又間違の品が出たかとて家主同道にて下谷の自身番へ來りしかば早速呼出し原田は十兵衞に向ひ去月中ぢが宿にて此治助が脇差を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
申候是全く不正の金子ゆゑ出所かに云聞ざる事にて手證は見屆ず候へ共是等の儀共思ひすれば全く文右衞門百兩の盜賊に相違なしと存じ奉つり候依て右十三兩餘質物を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
相手に御願ひ申さぬ時はへ相濟ずを能々勘辨し給へと段々事を云聞けれども勘兵衞は承知せず三十兩とはとても出來難き縱令公邊沙汰に成さるゝ共御日延
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)