“籬外”の読み方と例文
読み方割合
りがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国歩艱難にして策らず、身を忘れ野芹の誠を献ず。才く万事人望にい、徳薄く多年世情にく。皎月の門前にか石を折り、芳梅の籬外を斬る。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)