“あられ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.3%
霰者0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それがなのである。霰が秋の末から冬の初めによく降るのは、うんと高いところで雪が出来、下の方に厚い雲の層があるからである。
からう……はものからう……所々藥研のやうなひゞがつて、から、銀河くがる。
霰ふる (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)